2017年 06月 15日
【 包丁を新調したら、千切りが楽しくってたのしくて 】
a0206881_21420849.jpg
5月のG.W.が過ぎた頃
包丁を新しくしました

新婚当初は
ヘンケルスの3本セットを

その後
関時宗作の和包丁
これまた3本セットを

そして今は
母から旅行土産にもらった
高知県の
土佐壷屋の包丁


a0206881_21422409.jpg
これが、実に
すごい。

本当によく切れます

野菜の切り口が
違うのです。

吸いつくような
断面に
切れあがるのです

実は
貰ったのは2年以上前。

「早く使ってみて」と
言われたものの
箱から出さないまま
ごめん!
先月、初めて
取り出し
「三徳包丁やったんや~」と^^


包丁は
夫が研いでくれます

頼んでいないのに
自分でシャープナーを
買ってきて
シャシャーと毎週末。

その、研いでくれる
シャシャーの音が

無言の
「週末の作り置きがんばりや~」
みたいにも・・・

a0206881_21423585.jpg
この機会に

今まで漂白を繰り返しながら
使っていた
白いプラスチックのまな板をやめ

ニトリの桐まな板にしました

檜のまな板も店頭に並んでいましたが
木製まな板初心者の私。

お値段が
桐と檜では
5倍以上。

まずは
すご~くお手頃な桐でお試し中


a0206881_21425003.jpg
もう、ほんとに
スパンッ!
なのです。

お味噌汁に入れる
小口切りのねぎが繋がって
蛇腹切りか?ってのを
家族の汁椀に入れていたのも
笑い話^^


料理の腕もないし
急いで切るし
仕方ないか~と
諦めていたけれど


いやはや
包丁次第なんですねー



a0206881_21430254.jpg
実は今まで
包丁を買ったことがなく

いつも貰い物が
手元にあって
関包丁はカタログギフトで選んだのですが

今度は
グローバルの包丁を
買おうかな~と
迷っていたところ

土佐壷屋さんの包丁を
使いだして

ただただ
切るのが
楽しいんです

a0206881_21431437.jpg
結婚時、知人からお祝いにと
貰った
栗原はるみさんの料理本
『ごちそうさまがききたくて』


その中で栗原さんが
「わけもなくせん切りが好きで・・・」と
いうのが

ようやく理解できました

栗原さん曰く

・・・・・

せん切りは苦手という人にアドバイス。
好きな包丁を買って、
ちゃんと切れるように
研いでみてください。(中略)
サクサクと切れ味がよくなれば、
おもしろくて、
せん切りが苦にならなくなるかも
しれません。

・・・・・・

はい。
その通りでした。


毎週末つくる
金平ごぼうも

何らストレスなく
楽しくって
時短にもなって

ルンルンで
作っています


a0206881_21432874.jpg
実家の母は
ずっと
よく切れる包丁を使っていますね

切れ味が落ちると
刃物屋さんで
研いでもらっています


今の包丁になってから
夫には
お気持ちは十分嬉しいけれど
「もう、研がないで」と
お願いしています


私も
刃物屋さんに
持っていこう、と^^

今の状態をキープすることで

料理へのモチベーションがあがり
時短にもつながり

ストレスも軽減されていく感じ


包丁ひとつだけど

自分本位の
お気に入りや

自分にあった
やり方が

またひとつ見つかって

うれしいー♡








にほんブログ村

[PR]

by oisk | 2017-06-15 23:03 | らくスマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fika7.exblog.jp/tb/237098570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 【 お弁当用に揚げ物をつくりおき 】      【 父の日に焼きっぱなしケーキ 】 >>